あくびコミュニケーションズの光回線サービス「あくび光」のwikiです。「あくび光」についての様々な情報をお送りしていきます。

あくび光(あくびコミュニケーションズ)の評判・口コミまとめ

光コラボレーションサービス「あくび光」と、あくび光を運営する「あくびコミュニケーションズ」に関するクチコミや基本情報をまとめる。
あくび光とは? ここでは「あくび光」について説明する。「あくび光」とはあくびコミュニケーションズ株式会社の提供する光コラボのサービスである。 これはフレッツ光の回線を使ったサービスである。 実際の回線自体はNTTのものを使用しているので安心感があるし、実際の品質は同じものである為に高い。ユーザーのメリットは面倒な支払いや問合せなどをひとつにできるということ、そして最大のメリットは、サービス提供会社が料金を決める事ができる為、料金が安い会社もあるということだ。 光コラボレーションサービスには多数の会社が参加し、サービスや価格の競争をしている。あくび光もその中のひとつである。
あくび光のメッセージ あくび光の社長の言葉はあくびコミュニケーションズ株式会社のWebサイトで確認する事ができる。 「社長メッセージ」と題して掲載してあるのがこちらの文章。
社長の遠山和久です。あくびグループ・あくびコミュニケーションズは「人々に明るい明日が来るようなサービスを提供したい」という強い思いから、創業いたしました。 当社の事業の大きな柱は、介護事業(居宅支援・訪問介護・訪問入浴・障害者支援・福祉用具販売)とインターネット事業(固定回線・モバイル)の二つです。この二つは全く違う業界ではありますが、技術を融合させることによって、利用者の皆さまにより良いサービスを創造し、ご満足いただけるように日々尽力いたしております。 社内では、サービスレベルの向上だけでなく、さまざまな従業員の成長支援を行っており、福利厚生により研修制度も多数設けています。従業員が成長できる楽しさ、働く楽しさを実感し、お客様により良いサービスを提供し続けられるような環境を目指してまいります。 あくびコミュニケーションズ株式会社 代表取締役社長?遠山 和久


あくびコミュニケーションズ株式会社とは? 「あくびコミュニケーションズ株式会社」の説明をする。 「あくびコミュニケーションズ」という会社は「介護事業」などもしている会社「株式会社あくび」のグループ企業である。 「あくび光」、「あくびネット」などの通信・インフラサービスを提供している。ホームページによると今後は「電気」などのサービスも提供する予定のようだ。 >下記はあくびコミュニケーションズ株式会社会社概要 社名 あくびコミュニケーションズ株式会社 代表者 遠山和久 あくびコミュニケーションズ関連サイト アメブロ「あくびコミュニケーションズ(あくび光)」 プロフ「あくびコミュニケーションズ(あくび光)」 遠山和久関連サイト あくびコミュニケーションズ遠山和久公式ツイッター あくびコミュニケーションズ遠山和久のブログ 住所 本社:東京都渋谷区桜丘町3-4 渋谷黒川ビル5階B 支社:大阪府大阪市北区天満橋3-3-5 天満インキュベーションラボ308 電話番号 03-6416-5177 設立年月日 2015年3月3日 資本金 300万 従業員数 グループ全体70名 事業内容 事業内容 コールセンター事業 プロバイダサービス事業 介護関連事業 MVNO事業


あくび光の口コミ 現在、「あくび光」などで調べると、あくび光を提供する会社「あくびコミュニケーションズ株式会社」であったり、その社長に向けての様々なクチコミが見受けられる。あくび光の口コミだが、残念ながら一部のサイトや動画には、酷い風評が記載されている。 このようなサイトでは、「あくび光の品質が低い」というものや、「あくびコミュニケーションズが良くない企業であるかのような言葉」や、「あくびコミュニケーションズの社長個人名を出しての批判、風評」などなど、あくび光への攻撃がされている。 中でも「詐欺」などという表現は名誉毀損ではないかと思われるが、サイトの攻撃は激しさを増す一方である。 これらのサイトは匿名で運営され、連絡先もほとんど不明である。

あくび光の料金など あくび光の料金は、公式サイトに記載してある。 申し込みを検討する方はそちらを見て決めて頂きたい。 その際は住まい、住居タイプにより料金が異なるので注意が必要である。。 参考までに挙げると、 あくび光 通常コースの利用料金は 「戸建タイプ」の通常料金・・・6,900円(税抜) 「使ってお得割」の適用料金・・・5,380円(税抜)である。 「マンションタイプ」では通常料金・・・5,150円(税抜) 「使ってお得割」の適用料金・・・4,150円(税抜)である。

株式会社あくびとは? 「あくびコミュニケーションズ株式会社」には関連会社(グループ会社)がある。 それが「株式会社あくび」この会社は主に介護事業を行う会社で、現在訪問介護サービスを行っている。
社名 株式会社あくび 代表者 遠山和久 加盟団体 埼玉県川口市介護事業者協議会 理事/埼玉県川口市介護フェスティバル実行委員 住所 〒332-0012 埼玉県川口市本町1-7-8 電話番号 048-430-7356 設立年月日 2014年 4月 25日 資本金 300万 関連会社 あくびコミュニケーションズ株式会社 事業内容 介護事業

あくびコミュニケーションズが総務省から行政指導 2017年6月9日、あくびコミュニケーションズのサービス「あくび光」が総務省から行政指導を受けた。

あくびコミュニケーションズへの行政指導について改善報告書提出 2017年6月9日に総務省からあくび光の営業についての行政指導を受けた件で2017年7月24日、あくびコミュニケーションズ株式会社が総務省への改善報告書の提出した模様です。 過去に光コラボ業者が行政指導を受けたケースでは、改善報告書を提出した後に営業を再開しているのであくび光の営業活動も近く再開するものと思われます。 あくび光の営業活動の改善に期待したい。

『あくび光』サービス申込受付の品質向上に向けての取り組みについて 2017年8月22日、あくびコミュニケーションズはプレスリリースにて「『AKUBI光』サービス申込受付の品質向上に向けての取り組みについて」 を発表した。 これによると、総務省からの指導を受けた事について自粛・反省している旨とお客様へのお詫びを述べた。 そして体制を改善し、販売再開に向けて進めていることを表明した。 このことからあくびコミュニケーションズ及びあくび光、あくびネットなどの活動再開は近いものを思われる。

『あくび光』サービス申込受付が再開 2017年9月1日、あくびコミュニケーションズはプレスリリースにて提供する光回線サービス『あくび光』のサービス申込受付が再開したことを伝えた。 あくび光は、2017年6月9日に電話勧誘などの営業手法について総務省からの指導を受け、営業活動を一時的に自粛していた、その後サービスの品質向上への活動などを経て、ようやくサービス申込の受付が再開する運びとなった。 このことからあくび光は本格的にサービス再開となった。 総務省の指導の件により批判の意見などもあるだろうが、現在は改善しているので、その点をユーザーはきちんと判断していただきたい。

あくびコミュニケーションズへの批判サイト 悪質なアフィリエイトサイトがあくびコミュニケーションズ株式会社や、そのサービス「あくび光」「あくびネット」などの批判や体験談を記事に書き、アクセスを増やしアフィリエイト収入を上げている。
■あくびコミュニケーションズへの批判サイト-1 このように、「ファーストビュー」と呼ばれる、最初にユーザーが閲覧する範囲に「アフィリエイト広告」が2つも貼られている。この記事の中には合計4つのアフィリエイト広告が存在していた。 そして記事の中ではあくびコミュニケーションズを「悪徳業者」と決めつけているようだ。 勿論書いてあることの真偽は不明だが、かなり偏った見方で書かれている記事である事は間違いない。 記事中で 『検索でもすぐに“悪質”と検索候補に現れる』 とあるが、2017/6/22現在ではそのような事実は無い。 その他この記事では 「あくびネット」の解約金、違約金についての見解を書いたりしています。 「あくび光」「あくびネット」などの違約金や解約金はあくびコミュニケーションズ公式サイトにある問い合わせ先にきちんと確認すべきですが、その案内は無く不親切である。 そして「勧誘電話を止める方法」としてNTT東日本、NTT西日本の電話番号や案内を記載したり、 NTTの悪質な勧誘の例を紹介している。 「あくび光」「あくびネット」とNHKは無関係なのにその批判ツイートを記載している。 また「クーリングオフ制度」についても解説しており、ユーザーにとっては親切なのだが、そのすぐ下にアフィリエイト広告があり、誘導していることが伺える。 あくび光・あくびネットの解約方法・解約手順 このサイトにはあくび光の解約方法や解約手順について触れています。 このサイトが言うには、三年縛りの契約であり、違約金について明記しているので、営業は解約ありきという考えであり、解約されても良しという思惑で電話営業をかけている、という意味合いの事をいっています。 違約金について明記しているのは企業として、契約として当然であるにもかかわらずなぜそのようになるのでしょうか? ただ、このサイトは「あくびネットの違約金は良心的」とコメントする一面もあります。
あくびコミュニケーションズへの批判サイト2 ■あくびコミュニケーションズへの批判サイト-2 このサイトでは「光コラボレーション回線の「評判・口コミ」酷すぎる業者9選」と題し、 ▼フレッツ光(NTT) ▼ドコモ光(doomo) ▼ソフトバンク光(SoftBank) ▼o’zzio光(PCデポ) ▼U-NEXT光(ユーネクスト) ▼OCN光(NTT) ▼エキサイト光(エキサイト) ▼So-net光(SONY) ▼あくび光(あくびコミュニケーションズ) という光コラボ業者9社を批判している。 この記事では「エネチェンジ」というサイトへのアフィリエイトリンクがあり、記事の一番下で誘導している。 つまりこのサイトは「アフィリエイトサイト」である。 このサイトは「エネチェンジ」へ誘導したいので上記の「光コラボ業者」を批判する記事でアクセスを集めてリンクをクリックさせ、アフィリエイト収入を得ているのである。 つまり、上記の光コラボサイトの長所を紹介する気が全く無い。 「あくび光」については「何ひとつメリットがありません」とおおざっぱな批判を展開。 おそらくよく勉強せずに記事を仕上げたのだろう。 「あくび光の評判・口コミ」のように、各光コラボ業者の口コミを思われる表現をしているが、 その口コミの情報源が明記されていない。 これでは「クチコミというていで管理人が勝手に批判している」と判断されても仕方が無い。 そもそも社長の個人名を挙げて「詐欺師」などという暴言を平然と掲載しているサイトが良心的なサイトであるわけがない。

あくびコミュニケーションズへの批判サイト3 ■あくびコミュニケーションズへの批判サイト-3 このサイト、記事では「あくびネットへの勧誘電話」として、あくびネットの営業電話をかけてきた「NEXT INNOVATION 株式会社」という会社を批判しています。 ところがこの記事の初稿では、「営業の社員から聞いた」としてあくびコミュニケーションズとは無関係の、不動産を行っている同名の会社の名前などを掲載し、その会社の方(社長)から「名誉棄損で訴訟いたします」と言われる始末。 そしてその結果、その事を訂正して、お詫びをしているのですが、ここで疑問があります。 なぜこの記事自体を削除しないのか? 同名の会社があって誤解を招くのに、わざわざ指摘を受けた経緯まで掲載して記事を残している。 これが理解できません。 この記事では プロバイダの名前として「あくびネット」は奇妙な印象を受けるが、これが介護事業会社の名前なら納得がいく。あくびをするようなゆったりした時間を過ごせる心穏やかな老後を送りましょう、とかの趣旨で名付け、そこから出発してコールセンター事業、プロバイダサービス事業を始めたのだろうと推測できる。 と書いてありますが、「あくびコミュニケーションズ」の名前の由来は 社名の由来 あくびコミュニケーションズの社名は「明来日(あくび)」という漢字からなり、企業理念に基づいて名付けられました。 (あくびコミュニケーションズ公式サイト より) と書いてあり、調査不足です。 この記事には NEXT INNOVATION 株式会社は詐欺会社ではない。電話で営業して注文を取っているだけで、内容に嘘はない。 あくびコミュニケーションズも詐欺会社ではない。一つのプロバイダであり、用途に合ったコースを選んで契約すれば(おそらくは)普通にインターネットを楽しめるのだろう。どちらも真っ当な会社である。 と書いてある。その点は良心的なのですが、記事全体の雰囲気からしてそれこそ誤解を招くような論調である。このサイトはそこが問題です。

Menu

管理人のみ編集できます