あくびコミュニケーションズの光回線サービス「あくび光」のwikiです。「あくび光」についての様々な情報をお送りしていきます。

あくびコミュニケーションズへの批判サイト

あくび光(あくびコミュニケーションズ)の評判・口コミまとめ より
悪質なアフィリエイトサイトがあくびコミュニケーションズ株式会社や、そのサービス「あくび光」「あくびネット」などの批判や体験談を記事に書き、アクセスを増やしアフィリエイト収入を上げている。
■あくびコミュニケーションズへの批判サイト-1
このように、「ファーストビュー」と呼ばれる、最初にユーザーが閲覧する範囲に「アフィリエイト広告」が2つも貼られている。この記事の中には合計4つのアフィリエイト広告が存在していた。 そして記事の中ではあくびコミュニケーションズを「悪徳業者」と決めつけているようだ。 勿論書いてあることの真偽は不明だが、かなり偏った見方で書かれている記事である事は間違いない。 記事中で 『検索でもすぐに“悪質”と検索候補に現れる』 とあるが、2017/6/22現在ではそのような事実は無い。 その他この記事では 「あくびネット」の解約金、違約金についての見解を書いたりしています。 「あくび光」「あくびネット」などの違約金や解約金はあくびコミュニケーションズ公式サイトにある問い合わせ先>にきちんと確認すべきですが、その案内は無く不親切である。 そして「勧誘電話を止める方法」としてNTT東日本、NTT西日本の電話番号や案内を記載したり、 NTTの悪質な勧誘の例を紹介している。 「あくび光」「あくびネット」とNHKは無関係なのにその批判ツイートを記載している。 また「クーリングオフ制度」についても解説しており、ユーザーにとっては親切なのだが、そのすぐ下にアフィリエイト広告があり、誘導していることが伺える。
あくび光・あくびネットの解約方法・解約手順 このサイトにはあくび光の解約方法や解約手順について触れています。 このサイトが言うには、三年縛りの契約であり、違約金について明記しているので、営業は解約ありきという考えで>あり、解約されても良しという思惑で電話営業をかけている、という意味合いの事をいっています。 違約金について明記しているのは企業として、契約として当然であるにもかかわらずなぜそのようになるのでしょうか? ただ、このサイトは「あくびネットの違約金は良心的」とコメントする一面もあります。 あくびコミュニケーションズへの批判サイト2

■あくびコミュニケーションズへの批判サイト-2
このサイトでは「光コラボレーション回線の「評判・口コミ」酷すぎる業者9選」と題し、 ▼フレッツ光(NTT) ▼ドコモ光(doomo) ▼ソフトバンク光(SoftBank) ▼o’zzio光(PCデポ) ▼U-NEXT光(ユーネクスト) ▼OCN光(NTT) ▼エキサイト光(エキサイト) ▼So-net光(SONY) ▼あくび光(あくびコミュニケーションズ) という光コラボ業者9社を批判している。 この記事では「エネチェンジ」というサイトへのアフィリエイトリンクがあり、記事の一番下で誘導している。 つまりこのサイトは「アフィリエイトサイト」である。 このサイトは「エネチェンジ」へ誘導したいので上記の「光コラボ業者」を批判する記事でアクセスを集めてリンク>をクリックさせ、アフィリエイト収入を得ているのである。 つまり、上記の光コラボサイトの長所を紹介する気が全く無い。 「あくび光」については「何ひとつメリットがありません」とおおざっぱな批判を展開。 おそらくよく勉強せずに記事を仕上げたのだろう。 「あくび光の評判・口コミ」のように、各光コラボ業者の口コミを思われる表現をしているが、 その口コミの情報源が明記されていない。 これでは「クチコミというていで管理人が勝手に批判している」と判断されても仕方が無い。 そもそも社長の個人名を挙げて「詐欺師」などという暴言を平然と掲載しているサイトが良心的なサイトであるわけがない。


■あくびコミュニケーションズへの批判サイト-3
このサイト、記事では「あくびネットへの勧誘電話」として、あくびネットの営業電話をかけてきた「NEXT >INNOVATION 株式会社」という会社を批判しています。 ところがこの記事の初稿では、「営業の社員から聞いた」としてあくびコミュニケーションズとは無関係の、不動産を行っている同名の会社の名前などを掲載し、その会社の方(社長)から「名誉棄損で訴訟いたします」と言われる始末。 そしてその結果、その事を訂正して、お詫びをしているのですが、ここで疑問があります。 なぜこの記事自体を削除しないのか? 同名の会社があって誤解を招くのに、わざわざ指摘を受けた経緯まで掲載して記事を残している。 これが理解できません。 この記事では プロバイダの名前として「あくびネット」は奇妙な印象を受けるが、これが介護事業会社の名前なら納得がいく。あくびをするようなゆったりした時間を過ごせる心穏やかな老後を送りましょう、とかの趣旨で名付け、そこから出発してコールセンター事業、プロバイダサービス事業を始めたのだろうと推測できる。 と書いてありますが、「あくびコミュニケーションズ」の名前の由来は 社名の由来 あくびコミュニケーションズの社名は「明来日(あくび)」という漢字からなり、企業理念に基づいて名付けられました。 (あくびコミュニケーションズ公式サイト より) と書いてあり、調査不足です。 この記事には NEXT INNOVATION 株式会社は詐欺会社ではない。電話で営業して注文を取っているだけで、内容に嘘はない。 あくびコミュニケーションズも詐欺会社ではない。一つのプロバイダであり、用途に合ったコースを選んで契約すれば(おそらくは)普通にインターネットを楽しめるのだろう。どちらも真っ当な会社である。 と書いてある。その点は良心的なのですが、記事全体の雰囲気からしてそれこそ誤解を招くような論調である。この>サイトはそこが問題です。
■あくびコミュニケーションズへの批判サイト-4
このサイトはPC・インターネット関連のサポートサービスをしている会社のようです。 その中で、ある相談がプロバイダの勧誘で、その勧誘した会社があくびコミュニケーションズの代理店だったようです。 そこからなぜかあくびコミュニケーションズについての悪評ばかり信じてピックアップしていますね。 「Yahoo知恵袋」でのあくびコミュニケーションズ関連の質問をリンクしているのですが、全てあくびコミュニケーションズを疑っているもので、悪意があります。 「反論してる方がいますが、多分それは業者当人でしょうね。」 などと、自分の偏見で勝手にきめつけてかかっています。 このサイトの特徴は、この記事のコメント欄です。 コメント欄には「あくびコミュニケーションズに詐欺にあった」と、誹謗中傷をする人が続々と現れ、コメントをしています。 なぜか「詐欺」と決めつけ被害者ぶる匿名ユーザーに、さらに誰だかわからない匿名ユーザーがアドバイスする、と>いう状態となり、大量のコメントとなっています。 当事者でも無い、会社でもない、専門家でもない人がアドバイスをしているのです。 これは危険だと思います。 確かに自分を「被害者だ」と間違って思い込んでしまった時に、同じ境遇の人を見つけると嬉しいし安心するのは理解できますが、このような場所に書き込んで安心している場合ではないと思います。 本当に契約などでトラブルがあったなら消費者センターや弁護士に相談すべきであると思います。

Menu

管理人のみ編集できます